ミッション

Mission
デジタルシフトのワンストップ支援
2000年前半、あるビジネスの立ち上げで電車内の調査を行うと、
7割の人が何もしていませんでした。
しかし10数年後の現在、電車の中でほぼ全ての人がスマホを操作しています。

スマホを起点とする消費者の行動変化が企業のデジタルシフトを否応なしに駆り立てています。
しかし、いざ企業がデジタル化しようとすると、その不確実さに立ちすくみます。

合議ではなくリーダーシップで不確実な未来に挑戦すること、
デジタルシフトではこの日本人が不得意とすることが一番のカギとなります。
そのため「今はやらない」という先送りの決断に数多く立ち会ってきました。

世界がどんどん変わる中でおいていかれる日本。
その危機感を誰もが口にするけれど組織としての行動は変われない日本。

その現状を打破したい意志と覚悟をもつ企業と経営者をエスキュービズムは支えます。
Vision
プロダクトとチームが価値を生みだす
デジタルに取り組む企業の増加でプロジェクト経験者はどんどん増えていきます。
それに伴いフリーランスや副業者が増え、クラウドソーシングの活用余地が広がります。
デジタルのコモディティ化に伴い、ユーザー企業が求めるのはコストダウンや内製化です。

その状況で企業の存在意義は何か?エスキュービズムの価値は何か?を突き詰めました。

1つは長年のノウハウを詰め込んだ「プロダクト」、
もう1つは個人では提供できないプロジェクトをやり遂げられる「チーム」です。

この2つを強みとして磨き続けていきます。
Value
ビジョンを実現するバリュー
Challenge
まだ世にないものを生み出し、不確実な未来に向かっていくことが何より大事です。
常に挑戦を続けなければコモディティ化の波に巻き込まれ価値がなくなります。
Speed
不確実な未来に向かっていくとき、最初からうまくいくことはまずありません。
大事なのはうまくいかない結果を受け、改善を繰り返し、最終的に目的を達成することです。
質も大事ですが改善は量が何より大事です。そのために最も重要なのは改善のスピードです。
Professional
物理的制約のないデジタル空間では、メリット同様リスクのダメージも大きく増幅されます。
少しの手抜き、少しのゆるみの結果が甚大な被害をもたらしかねません。
品質、リスク管理、責任感、何事においてもプロフェッショナルである必要があります。
日本少妇高清无码/在线成人动漫/日本一道一区二区视频/年轻的小婊孑2