新着記事

オーストラリアの小売事情をヒントに、日本における購買体験の質向上を考えてみる

筆者は、本メディアの記事執筆を中心に日本で活動をしていましたが、とある事情で、コロナウイルスの影響が大きくなりつつあった2020年の3月下旬、オーストラリアはシドニーエリアに移住することになりました。 オーストラリアがロ […]

続きを読む

これからのリアル店舗が担う役割:パーソナライズとフィジカルな購買体験

コロナ禍を経たこともあり、消費者の購買チャネルは、オンラインに軸足が乗りつつあるように感じます。 しかし、このような状況だからこそ、リアル店舗はこれまで以上に重要なチャネルとなっていくと考えられます。なぜなら、どれだけテ […]

続きを読む

「カスタマーサクセス」をアップデート デジタルを駆使した顧客接点づくり

SaaSやシェアリングエコノミー、サブスクリプションモデルなど、あらゆるビジネスにおいて「モノ」よりも「サービス」が中心となりつつある今、カスタマーサクセスの重要性は以前にも増して高まっていると言えます。 属人的に顧客に […]

続きを読む

街づくりのミライ~ITを土台とした生活設計~

IT、そしてDXの波は様々な業種?業界に広がっています。そしてそれは不動産も例外ではありません。市場規模が大きい割にIT化が比較的遅いとされている不動産業界ですが、近年その状況は大きく変わろうとしています。 一口に「不動 […]

続きを読む

「新しい生活様式」で予測される顧客の購買行動の変化と対応策

去る5月4日、厚生労働省は新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました。その内容は、人との接触を最低限に抑え、感染拡大を防止することを目的とした方向性で、かなり具体的な行動が提示されたものとなっています。 […]

続きを読む

自社のリソース不足を解決 EC運用支援ベンダーを選ぶ際のポイントとは

消費者の購買行動は、アフターコロナも引き続きECサイトの利用意向が高く、全ての小売企業にとって、ECをどのように整備していくかということが目下の重要事項です。 特に、ブランディングにも大きく寄与する自社ECの構築を考える […]

続きを読む

無人決済店舗「TOUCH TO GO」が、システムの外販サービスで目指しているもの

去る3月14日、JR山手線新高輪ゲートウェイ駅のオープンと同時に話題になったのが、無人決済店舗「TOUCH TO GO」(以下TTG)です。 TTGでは商品を一つ一つスキャンする必要はなく、ユーザーは購入したい商品を手に […]

続きを読む

ライバル多数参入のEC市場で再確認しておきたい「自社ECならではの強み」

ECの市場規模は以前から18兆円を突破し堅調な伸長を見せていることに加え、コロナ禍の影響により、その利便性を多くの消費者が認知、あるいは再確認したことで、今後ますますその重要性が増しています。 しかし、これからのEC市場 […]

続きを読む

休業明け「選ばれる店舗」になるために必要な6つの対策

5月下旬、緊急事態宣言は首都圏と北海道を除く都府県で解除され、状況次第で残りの自治体についても月末までの解除の可能性が示唆されています。 この3ヶ月、未曾有の事態に直面することになった小売業界は、消費者の外出自粛に伴うE […]

続きを読む

変わりゆく日本の商慣習。デジタルシフト時代の働き方とは

新型コロナウイルス感染症の影響下において、世論的には「半ば強制的に働き方改革が推進された」という見方をする風潮にあると言えます。しかし、実際にはそう上手くは行かない企業が数多く存在することも事実です。 働き方改革に対する […]

続きを読む
日本少妇高清无码/在线成人动漫/日本一道一区二区视频/年轻的小婊孑2